所有者が死亡している場合の廃車手続き

廃車手続きを自分で行い費用を抑える > 廃車手続きの準備と実践 > 所有者が死亡している場合の廃車手続き

所有者が死亡している場合の廃車手続き

廃車手続きを行う自動車の持ち主が死亡してしまっている、というケースは多々あると思います。法律上、自動車もひとつの財産として捉えられますので、通常の廃車手続きより多少複雑な手続きが必要になります。

三世代家族

自動車の価値がある場合、通常は売却してしまうか、親族の誰かが引き継いで所有することになると思います。廃車を行う場合でも、売却してしまう、あるいは誰かが乗る、いずれの場合でも、まず遺産相続手続きである移転登録を行う必要があります。自動車が持つ価値があってもなくてもこの手続が必要です。

○自動車を相続する方がひとりである場合
通常の廃車手続きに必要な書類以外に戸籍謄本と印鑑証明書が必要です。

○複数の人に相続する権利があり、実際に相続するのはひとりである場合
遺産分割協議書及び相続人の印鑑証明書、死亡した方と相続する権利のある方全員が記載されている戸籍謄本が必要です。相続人と死亡した方の住所がちがっている場合には、相続放棄申述書と住民票、自動車保管場所証明書も合わせて必要になります。

○複数の人に相続する権利があり、複数の方が相続する場合
ひとりの場合と同様に、死亡した方と相続する権利のある方全員が記載されている戸籍謄本が必要です。全員の印鑑証明書も必要になります。

相続人が未成年であった場合、代理人の先行を家庭裁判所で行います。移転登録を行う際に未成年の相続人の住民票と代理人の印鑑証明書が必要です。

廃車する車でも、自分が思っている以上に価値があるものです。もしかしてと思ったら迷わず簡単査定⇒⇒⇒ガリバー愛車無料査定はカンタン入力で査定可能!


関連記事

  1. ふたつある廃車手続きをまず考える
  2. 廃車手続きで揃えておく書類
  3. 廃車手続きはどこで行うのか
  4. 廃車する車の車検が切れていた場合
  5. 所有権が付いている車両の廃車手続き
  6. 車の盗難に遭ったら廃車手続きを
  7. 所有者が死亡している場合の廃車手続き