ふたつある廃車手続きをまず考える

廃車手続きを自分で行い費用を抑える > 廃車手続きの準備と実践 > ふたつある廃車手続きをまず考える

ふたつある廃車手続きをまず考える

廃車手続きを行うにあたり、最初に理解しておくべきなのが一時抹消登録を行うのか、それとも永久抹消登録を行うのかということです。言い換えれば、自分の廃車する目的にはどちらの抹消登録方法が沿っているかとうことです。

解体される自動車

ふたつの抹消登録がある意味は、ひとつは自動車を保管しておくのか、もうひとつは自動車はスクラップしてしまうのかというちがいになります。後々、再度利用する可能性があるのであれば、中古車新規登録によって再度ナンバープレートを取得できる一時抹消登録を行い、本当の意味でも廃車するといえるスクラップをしてしまうのであれば、永久抹消登録を行うことになります。

○一時抹消登録
一時抹消登録 は、16条抹消といわれます。運輸局・陸運局には自動車のデーターが残りますので、中古車として再度利用できます。長期に使用しない場合、あるいは自動車が盗難された場合など、再度利用する可能性がありますので、こちらの一時抹消登録を行います。この廃車手続きを行うことにより、毎年納税義務が生じる自動車税を払う必要もなくなります。廃車している間の車検の料金も回避できることになります。

○永久抹消登録
永久抹消登録 は、15条抹消といわれます。こちらは自動車を二度と利用せず、完全にスクラップにしてしまう場合の廃車手続きになります。年式や走行距離がかさんで自動車自体の価値が全く無くなってしまった場合や、大きな事故により自動車の修理費用が自動車の価値を超えるなどの場合に選択する廃車手続きです。

廃車する車でも、自分が思っている以上に価値があるものです。もしかしてと思ったら迷わず簡単査定⇒⇒⇒ガリバー愛車無料査定はカンタン入力で査定可能!


関連記事

  1. ふたつある廃車手続きをまず考える
  2. 廃車手続きで揃えておく書類
  3. 廃車手続きはどこで行うのか
  4. 廃車する車の車検が切れていた場合
  5. 所有権が付いている車両の廃車手続き
  6. 車の盗難に遭ったら廃車手続きを
  7. 所有者が死亡している場合の廃車手続き