車の盗難に遭ったら廃車手続きを

車の盗難に遭ったら廃車手続きを

車の盗難に遭ったら廃車手続きを行っておく必要があります。大切な愛車を盗まれて悔しい思いをした上に廃車の手続きまで自費で行わなければならないのは、どうにも納得がいくことではありませんが、廃車手続きを行わなければ所有していない自動車の納税義務も消えません。

泥棒と警察

ナニワトモアレ盗難に遭ったら、当たり前のことではありますが、間髪入れずに警察に届ける必要があります。また、自動車保険で補填してもらうために、保険会社にも連絡をいれましょう。ただし、全ての自動車保険で補填されるわけではなく、補填の対象になるのは車両保険に加入している場合のみです。(車両保険には一般車両保険と限定車両保険の二種類がありますが、どちらも対象になります)

廃車の手続きには、一時抹消登録と永久抹消登録の二つの種類があります。車両が盗難にあった場合には、一時的に車両を使用しない時に行う一時抹消登録を行います。一時抹消登録では、車両が発見された場合などの時、再び使用できるようにすることができます。

廃車手続きと同時に、自動車税事務所や県税事務所で自動車税の抹消申告を行います。これを行うことで翌年度から自動車税を支払う義務がなくなります。廃車の時点で年度末である3月までひと月以上ある場合には自動車税が戻ってきます。自動車が発見され再び使用する場合には、発見日の翌月から課税対象になります。

廃車する車でも、自分が思っている以上に価値があるものです。もしかしてと思ったら迷わず簡単査定⇒⇒⇒ガリバー愛車無料査定はカンタン入力で査定可能!


関連記事

  1. ふたつある廃車手続きをまず考える
  2. 廃車手続きで揃えておく書類
  3. 廃車手続きはどこで行うのか
  4. 廃車する車の車検が切れていた場合
  5. 所有権が付いている車両の廃車手続き
  6. 車の盗難に遭ったら廃車手続きを
  7. 所有者が死亡している場合の廃車手続き