所有権が付いている車両の廃車手続き

廃車手続きを自分で行い費用を抑える > 廃車手続きの準備と実践 > 所有権が付いている車両の廃車手続き

所有権が付いている車両の廃車手続き

廃車が完了するための条件のひとつに所有権があります。所有権が廃車しようとしている自動車の持ち主であれば何の問題もありませんが、ローンを組んで購入すると通常はローン会社の所有権が付きます。あるいは、ディーラーの所有権が付いている場合もあります。つまり、書類上は持ち主の所有ではないことになってます。

グリーンの自動車

自動車車検証には所有者と使用者二つ欄があります。「所有者の氏名又は名称」の欄を確認してみると、所有権が付いているのかどうか確認できます。所有者欄がご自分の名前であれば、所有権を解除する手続きを行う必要はありません。

所有権がご自分以外である場合には、所有権を抜いてもらう必要があります。ローンで購入している場合は、完済していないと所有権を抜いてもらえません。ローンが終わったとしても、所有権を抜くということを行わなければそのままです。

所有権がそのままでも特に問題になることがありませんので、「所有権を抜く手続きをしましょう」と知らせてくれたりする場合もあれば、そうでない場合もあります。これはディーラーなどの販売店によりけりです。

長期間愛用していた自動車であれば、普通はローンが完済していると思いますが、自動車は新しいのに、事故にあって廃車以外に道がないというひどい状態の場合は、ローンが残っている場合も多々あります。この場合、廃車手続きを完了させるためには、ローンを一括で返済し、所有権を解除する必要が生じます。

廃車する車でも、自分が思っている以上に価値があるものです。もしかしてと思ったら迷わず簡単査定⇒⇒⇒ガリバー愛車無料査定はカンタン入力で査定可能!


関連記事

  1. ふたつある廃車手続きをまず考える
  2. 廃車手続きで揃えておく書類
  3. 廃車手続きはどこで行うのか
  4. 廃車する車の車検が切れていた場合
  5. 所有権が付いている車両の廃車手続き
  6. 車の盗難に遭ったら廃車手続きを
  7. 所有者が死亡している場合の廃車手続き