廃車する車の車検が切れていた場合

廃車手続きを自分で行い費用を抑える > 廃車手続きの準備と実践 > 廃車する車の車検が切れていた場合

廃車する車の車検が切れていた場合

乗ってない自動車の場合は特に、ついつい廃車の手続きを先延ばしにしてしまったりして、廃車する自動車の車検の期限が切れているケースも多くあるでしょう。車検が切れている自動車を公道で運転したら罰金刑になります。たとえ短距離の移動であっても、絶対に運転しないようにしてください。

オレンジの自動車

業者さんへ廃車手続きなどを含めお願いするのであれば、レッカー車や積載車で引取にきてくれます。費用はサービスという場合もありますが、レッカー移動代金は基本的に必要です。できれば自分で移動も済ませたいものです。

車検切れの自動車を自分で移動させるには、廃車する自動車が保安基準に適合している状態であることが前提です。長期間放置しすぎてウインカーも作動しない、ブレーキランプも点灯しないなどないか、しっかりと点検を行いましょう。そもそもエンジンも始動しないかもしれません。

車検切れの自動車で公道を走行するためには、仮ナンバーを市役所・区役所で借りる必要があります。

仮ナンバーを借りるには、臨時運行許可申請を行います。その際に必要な書類などは以下のものです。

○車検証
書類上の廃車手続きが完了し抹消済みであれば、抹消登録証明書が必要です。

○申請者の身分証明書
運転免許証などを用意します。

○申請者の印鑑
法人名義の場合には代表者印が必要です。

○自動車損害賠償責任保険証明書
仮ナンバーを使う期間以上の保険期間でなくてはなりません。新車時や継続検査時(車検)に通常一ヶ月ほど余裕を持って保険期間がかけられていますので、車検が切れてすぐであれば、手元の証明書を確認してみてください。期間が満了していれば、最短期間で保険をかける必要が生じます。

○手数料
700〜800円程度必要です。

仮ナンバーを付けて移動中に事故に遭わないとは言い切れません。任意保険が切れている場合は、それだけリスクがあることも考慮しておくべき点です。

廃車する車でも、自分が思っている以上に価値があるものです。もしかしてと思ったら迷わず簡単査定⇒⇒⇒ガリバー愛車無料査定はカンタン入力で査定可能!


関連記事

  1. ふたつある廃車手続きをまず考える
  2. 廃車手続きで揃えておく書類
  3. 廃車手続きはどこで行うのか
  4. 廃車する車の車検が切れていた場合
  5. 所有権が付いている車両の廃車手続き
  6. 車の盗難に遭ったら廃車手続きを
  7. 所有者が死亡している場合の廃車手続き