廃車時に必要になる費用は

廃車時に必要になる費用は

もう手放してしまう自動車なのですから、廃車する時の費用はなるべく安く抑えたいものです。大きな事故などに遭ってしまい修理するには高額な費用がかかり、廃車するしか選択肢がないような場合、自動車の年式が新しければ各部のパーツ自体には価値があります。ですので、自分が考えているより高額な値段で引き取ってもらえる可能性があります。

お金

肝心の廃車時に必要な費用ですが、結論からいえば業者さんによって様々です。色々な条件もありますので、まちまちとしかいいようがありません。一般的に以下のような料金が必要になります。

○自動車を引取りに来てもらう費用
この費用は一般的に引き取り場所までの距離によって請求されます。自走できるなら自走して持ち込んだ方が一番費用がかかりませんが、エンジンがかからない、走ることができない状態などであれば、積載車やレッカー車で引取りに来てもらう必要があります。引取り費用はサービスしてくれるところもあれば、有料のところもありますので、一件だけに問い合わせて決めるのではなく、数件に問い合わせしてみるとよいでしょう。

○スクラップ、解体の費用
鉄くずになるスクラップですが、鉄も資源ですので少額の場合もありますが、大抵は逆に料金を支払ってもらえます。また、外国でボロボロになっても現役で走っている日本車をテレビなどで見られたことがあるかと思います。まだ走れる状態ならスクラップされず、外国へ輸出されるケースもあります。

○代行してもらうなら廃車の代行費用
自分で行うのであれば、ほぼ必要ありません。必要なのは印紙代などの数百円のみです。代行手数料は業者に依頼する場合、スクラップでもらえる料金がありますので、相殺になる場合もあります。書類上の手続きだけ行政書士にお願いする場合、高いところで10,000円程度が必要になります。もし依頼するのであれば、陸運局近くには大抵多くの行政書士が事務所を構えていますので、数件に費用を尋ねるようにしましょう。

廃車する車でも、自分が思っている以上に価値があるものです。もしかしてと思ったら迷わず簡単査定⇒⇒⇒ガリバー愛車無料査定はカンタン入力で査定可能!


関連記事

  1. 廃車時に必要になる費用は
  2. 廃車費用を浮かせるという意味でもオプションは外す
  3. 自動車のリサイクル料金