廃車時の任意保険の手続き

廃車時の任意保険の手続き

自動車を廃車して次にちがう自動車に買い替えを行うのであれば、任意保険も車輌の入替を行います。廃車後にしばらく自動車を使わない場合には、中断手続きを行うか解約を行うかの二通りの方法がとれます。

捺印する手

事故などで保険を使用しなければ、次年度の保険料が安くなる無事故割引が適応されています。この割引は等級制度によって成り立っています。中断手続きを行っておけば、再度自動車を使用することになった時に等級を引き継ぐことができます。つまり、割引された保険料で再度加入できるということです。

近々には自動車を使う予定がないとしても、中断手続きを行えば10年間は継承が有効になり、手続きも無料で行えますので、少しでも自動車を使う可能性があれば中断手続きを行っておく方がよいと思います。この手続では中断証明書が発行され、等級を維持して加入するにはこの証明書が必要になります。紛失してしまわないよう、確実に保管が必要です。

全く自動車を使う予定がない場合には、任意保険は解約を行います。払戻しは契約開始日から日割りではなく、ひと月単位で計算されます。その月の契約日を過ぎてしまうと、ひと月分が戻ってこないことになってしまいますので、なるべく早く手続きを行うようにしましょう。

また、任意保険には先付け解約という制度があり、廃車が完了していなくても解約が可能です。運転しなければ即座にも解約する方が、解約のし忘れの心配などもなくなります。

廃車する車でも、自分が思っている以上に価値があるものです。もしかしてと思ったら迷わず簡単査定⇒⇒⇒ガリバー愛車無料査定はカンタン入力で査定可能!


関連記事

  1. 廃車に伴う自動車税の還付
  2. 自動車重量税も還付されます
  3. 自賠責保険(共済)も払戻しをうけましょう
  4. 廃車時の任意保険の手続き