自動車重量税も還付されます

自動車重量税も還付されます

廃車した時点で、普通自動車・軽自動車ともに車検までの残存期間が一ヶ月以上あれば、重量税が還付されます。この重量税とは、新車登録時や車検時に納税の義務がある国税です。納税しないことには新車の登録も、車検もパスすることができませんので、ナンバーが車に付いている=重量税を納付していることになります。

税金

重量税の還付はリサイクル法に基いて行われますので、還付される前提として自動車が適切にスクラップ処分されている必要があります。ですので、自動車をスクラップ処分せず、一時的に使用しないための一時抹消登録では還付されません。ただし一時抹消登録でも自動車税の方は還付の対象になります。(軽自動車の自動車税は年税として納付するので還付されません)

引き取り業者などから最終所有者に解体された旨の通知が行われます。その後、還付の申請は廃車手続きである永久抹消登録申請、解体届出と同時に行います。重量税の還付申請のみ単独では行えないことに注意しましょう。

自動車重量税の還付手続きは永久抹消登録申請書または、解体届出書と一体になった様式に、振込み先の銀行口座などを記載して行います。この振込先は、銀行口座かゆうちょの「ぱるる」の口座が必要で、自動車の最終所有者の名義の口座である必要があります。

廃車する車でも、自分が思っている以上に価値があるものです。もしかしてと思ったら迷わず簡単査定⇒⇒⇒ガリバー愛車無料査定はカンタン入力で査定可能!


関連記事

  1. 廃車に伴う自動車税の還付
  2. 自動車重量税も還付されます
  3. 自賠責保険(共済)も払戻しをうけましょう
  4. 廃車時の任意保険の手続き