軽自動車の廃車に伴う税金の還付と保険の払戻し

廃車手続きを自分で行い費用を抑える > 軽自動車・バイクの廃車手続き > 軽自動車の廃車に伴う税金の還付と保険の払戻し

軽自動車の廃車に伴う税金の還付と保険の払戻し

普通自動車と同様に、軽自動車の場合にも自動車重量税の還付と保険の解約手続きによる払戻しを受けることができます。ただし、普通自動車とはちがって自動車税の還付は軽自動車にはありません。これは軽自動車の自動車税が年税としての扱いになっているためです。 税金

自動車重量税が還付される条件は、車検の有効期間がひと月以上ある場合で、自動車を解体処分してしまう、解体返納の手続きの場合に限ります。一時的に使用しない場合の廃車手続きである自動車検査証返納届の手続きでは、税金の還付対象になりません。

廃車手続きを行う時に忘れずに行っておくべきなのが、自賠責保険と任意保険の中断の手続き、もしくは解約の手続きです。

自賠責保険の払戻しの対象になるのは、保険期間がひと月以上ある場合です。要件を満たせば、次に乗り換える自動車と車輌を入れ替えることも可能です。

任意保険は中断手続きを行うか、解約の措置を取ります。任意保険は等級制度により、保険を使用しないと割引されます。中断手続きを行っておけば、次に自動車を利用する時に割引の恩恵を受けることができます。有効期間は10年間あります。今後自動車を使用する予定がないとしても、とりあえず中断手続きを行っておくほうがよいと思います。今現在の等級などを加味して保険屋さんや、自動車を購入したディーラーなどに相談しましょう。

廃車する車でも、自分が思っている以上に価値があるものです。もしかしてと思ったら迷わず簡単査定⇒⇒⇒ガリバー愛車無料査定はカンタン入力で査定可能!


関連記事

  1. 軽自動車の廃車手続きは軽自動車検査協会で
  2. 軽自動車の廃車手続きで必要になる書類
  3. 軽自動車の廃車に伴う税金の還付と保険の払戻し
  4. バイク・オートバイの廃車手続き
  5. バイクの廃車手続きに必要な書類