軽自動車の廃車手続きで必要になる書類

廃車手続きを自分で行い費用を抑える > 軽自動車・バイクの廃車手続き > 軽自動車の廃車手続きで必要になる書類

軽自動車の廃車手続きで必要になる書類

軽自動車の廃車手続きにも、普通車同様一時的に使用しない手続きと解体を行う場合の手続きがちがいますが、書類で異なるのは申請書のみです。必要な印鑑もちがうことに注意してください。

おばさん

軽自動車の廃車手続きでは、以下の必要書類を揃えて廃車手続きを行います。

○車検証(自動車検査証)
一時的に使用しない場合、自動車を解体してしまう場合のどちらでも必要になる証明書です。

○ナンバープレート
ナンバープレートもどちらの廃車手続きでも、前後二枚揃えて返却する必要があります。どちらかの一枚でも記念にとっておきたいところですが、返納しなくてはなりません。

○申請書(OCRシート)
一時的に使用しない場合の廃車手続きでは、自動車検査証返納証明書交付申請書(OCRシート軽第4号様式)を使用します。自動車を解体処理してしまう廃車手続きでは、解体届出書(OCRシート軽第4号様式の3)を使用します。いずれの書類も窓口で入手可能です。

○印鑑
一時的に使用しない場合の廃車手続きでは、使用者の印鑑、解体処理してしまう手続きでは使用者と所有者の印鑑が必要です。いずれも法人名義であれば、代表者印もしくは署名が必要になります。

○ 軽自動車税申告書
次年度に自動車税が課税されないようにする申告です。こちらも窓口で入手が可能です。廃車手続きで普通自動車はひと月以上の期間が残っていると税金の還付がありますが、軽自動車の場合には還付はありません。

廃車する車でも、自分が思っている以上に価値があるものです。もしかしてと思ったら迷わず簡単査定⇒⇒⇒ガリバー愛車無料査定はカンタン入力で査定可能!


関連記事

  1. 軽自動車の廃車手続きは軽自動車検査協会で
  2. 軽自動車の廃車手続きで必要になる書類
  3. 軽自動車の廃車に伴う税金の還付と保険の払戻し
  4. バイク・オートバイの廃車手続き
  5. バイクの廃車手続きに必要な書類