軽自動車の廃車手続きは軽自動車検査協会で

廃車手続きを自分で行い費用を抑える > 軽自動車・バイクの廃車手続き > 軽自動車の廃車手続きは軽自動車検査協会で

軽自動車の廃車手続きは軽自動車検査協会で

普通自動車は陸運局で廃車手続きを行いますが、軽自動車は軽自動車の登録・検査業務を行っている軽自動車協会事務所・支所(あまり耳馴染みのない場所かもしれませんね)で行います。

自動車を運転する女性

軽自動車の場合にも普通自動車と同様に、一時的に使用しない場合の廃車手続きと自動車を完全にスクラップしてしまう手続きの二種類があります。まず、自分が希望する廃車はどちらの手続きを行うのが適切なのかを理解しましょう。

たとえば海外長期出張や長期の入院などで、自動車を長い期間使用することがないケース、再度使用するが一時的に使用しない場合の廃車手続きは普通車の場合、一時抹消登録という廃車手続きを行いますが、軽自動車の場合は、自動車検査証返納届の手続きを行います。

この自動車検査証返納届の手続を行うと、軽自動車検査証返納確認書が交付されます。この書類は再度自動車を使用する時に必要になる書類ですので、紛失しないよう大切に保管しておく必要があります。

年式が古くなったり大きな事故で再生不可能など、自動車を二度と使うことがない場合には解体処理を行います。この場合の廃車手続きは普通自動車では永久抹消登録という手続きになります。軽自動車では解体返納手続きを行います。

廃車する車でも、自分が思っている以上に価値があるものです。もしかしてと思ったら迷わず簡単査定⇒⇒⇒ガリバー愛車無料査定はカンタン入力で査定可能!


関連記事

  1. 軽自動車の廃車手続きは軽自動車検査協会で
  2. 軽自動車の廃車手続きで必要になる書類
  3. 軽自動車の廃車に伴う税金の還付と保険の払戻し
  4. バイク・オートバイの廃車手続き
  5. バイクの廃車手続きに必要な書類